« 新理事及び事業担当決まる! | トップページ | ひまわり成長日記(2) »

2006年5月29日 (月)

『ひとにやさしい社会』

理事の下村誠治さんが、鉄道安全推進会議(TASK)の副会長に就任されました。明石の歩道橋事故でお子さんを亡くされた下村さんは、事件・事故のご遺族とのネットワークづくりに奔走されています。下村さんが会議の席で必ずおっしゃる言葉があります、『ひとにやさしい社会にしたい!』。

「オーバーワークにならないようにお願いしますね!」。記:堀内正美

|

« 新理事及び事業担当決まる! | トップページ | ひまわり成長日記(2) »

コメント

総会無事終了おめでとうございます

投稿: やまさん | 2006年5月29日 (月) 08時52分

昨年『1.17のつどい』の会場で、初めて下村さんにお目にかかり少しお話を伺いました。
以来、事件・事故への組織の対応や報道の姿勢(内容)などに対する自分の視点が変わったような気がします。
感じ方が変わってきました。

『ひとにやさしい社会』
本当に、そういう社会を構成する一人でありたいです。
何とも微力で頼りない私ですが、お手伝いできることがあれば・・・と思います。

精神的にも身体的にも厳しい状況のときもあるのでは、と心配しています。
くれぐれもご無理の無いように・・・願っています。

「オーバーワークにならないように・・・」
理事長!ご自身もですよ!!

投稿: Qまま | 2006年5月29日 (月) 09時44分

2004年の明石市民まつりに参加した者です。平松愛理さんのライブでの言葉(MC)も良かったのですが、「WE LOVE AKASHI」の大合唱も良かったのですが、いちばん感動したのは「灯篭流し」でした。

主催者や参加者だけでなく、屋台や露店を出していた人や歩道橋事故の遺族・負傷者も参加して、文字通り来た人みんなでしたことが、印象的でした。

そしてわたくしは、あの日から4150日。11年4ヶ月が過ぎました。
その「阪神淡路大震災」を震災当初はMBSラジオ(主に「ネットワーク1・17」)にファックスで、4年前からは2つのブログ(weblog:インターネット上のホームページの日記)で、書き続けています。

おとといにはジャワ島で大きな地震災害がありましたが、新潟中越地震は言うに及ばず、東海地震・南海地震・東南海地震・首都圏直下型大地震だけでなく、昨今の耐震偽装事件(問題)も、根本は同じ場所にあると確信しております。

投稿: welovekobe1995117 | 2006年5月29日 (月) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新理事及び事業担当決まる! | トップページ | ひまわり成長日記(2) »