« 町の温泉で骨休め | トップページ | 障スポのお知らせ(森田) »

2006年7月27日 (木)

ご協力のお願い!

_005_12

兵庫県臓器移植推進協議会』の川瀬さんから届いたメッセージです。移植医療についてはさまざまなご意見があることは承知しております。ぜひ身近なみなさんとお話しをしてください

詳細はHANDS事務局白木までご連絡ください。(画像が小さい場合は、画像をクリックしてください。大きくなります)

|

« 町の温泉で骨休め | トップページ | 障スポのお知らせ(森田) »

コメント

移植については確かに様々な意見がありますね。
私自身はドナーカードを携帯しています。
脳死になった場合は眼球を除く全臓器を提供しますと記載して。(眼球は幼少時に手術を受けているので提供しても使い物にはならないので)
自分自身の臓器は構わないと思うのですが
自分の子供が脳死になったとき臓器を提供しますと言えるかどうか・・・。
その時になって見なければわかりませんが
多分そう言うことは出来ないと思います。

私の長男も生まれつき心臓の病気を持っていて近い将来
手術を受ける事になっています。
幸い心臓病の中では比較的軽い方なのですが
もし我が子が移植が必要な病気だったら どうだろう?
そう考えると臓器の提供についても全く否定的には考えられなくなります。

日本の場合、臓器提供が少ないのは宗教的な要因が大きいと言われていますが 臓器だけではなく献血も少ないのが現状です。
臓器提供も献血も相手の立場に立った『本当の善意』がなければ出来ない事なのかもしれません。

投稿: びんちゃん | 2006年7月27日 (木) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101882/2822019

この記事へのトラックバック一覧です: ご協力のお願い!:

« 町の温泉で骨休め | トップページ | 障スポのお知らせ(森田) »