« ≪ご案内≫ | トップページ | 全国のみなさんから手作りぬいぐるみ »

2006年12月17日 (日)

銘板の掲示

Dsc00035_1
 朝、『1.17希望の灯り』と『慰霊と復興のモニュメント』の清掃にご参加くださった方は18名。その後、『銘板の掲示』(新聞記事をご参照ください)もありました。参加者は、HANDSの会員の足立夫妻・上西・大下夫妻・河端母娘・後藤・阪口・指田・中島・永井・松浦夫妻・的場・藤本・山川。そして、池田さんと僕岸本の19名で清掃しました。ご苦労様でした、そしてありがとう!!


 午後1時からは、『慰霊と復興のモニュメント』の地下瞑想空間に、新たに22名の方々のお名前を掲示しました。みなさんの笑顔が素敵でした!

_026_1 _027_2
掲載紙:神戸・朝日・読売・毎日・産経・日経

|

« ≪ご案内≫ | トップページ | 全国のみなさんから手作りぬいぐるみ »

コメント

昨日は、朝早くから、お疲れ様でした。
掃除だけでもお手伝いさせていただくつもりだったのですが、
前日までの出張やら残務処理などで、顔を出すぐらいしかできませんでした。
午後からは、あいにくの大雨、雷もなっておりましたが、大丈夫でしたのでしょうか?
でも不思議にルミナリエの点灯直前には、雨がすっかり上がりましたね。
皆様の思いが天に通じたと思いました。
本当にご苦労さまでした。

投稿: ハーブの住人  | 2006年12月18日 (月) 12時27分

 高松では昨日、雹が降っていましたよ。
 それは現在の社会への怒りと信じますが、
その中で今年は22名の銘盤の掲示事業、
本当にお疲れ様でした。
 申告された遺族をはじめとする親族の方々の
英断はどれほどエネルギーが要るのだろうかと
この事業を通して感じます。
 来年で12年。都市は被災以前のように復興
していますが、それでも目立たない部分はその
ような状態ではないと感じます。また、人間の
復興も発展途上と察します。
 被災した方々や遺族の誰もが完全に元気に
なることを祈らずにいられません。

投稿: 笠井 隆宏 | 2006年12月18日 (月) 18時59分

 先週の月曜日(12月11日)に例年通り、ルミナリエ
見物で神戸を訪れていました。
 新幹線で新神戸に着き、フロインドリーブにて昼食を
取った後、その足で三宮へ。東遊園地もおじゃまして、
希望の灯りと慰霊のモニュメント、それにマリーナ像と
再会しました。
 ちょうど三重から旅行で来られた60歳代半ば、まさに
悠々自適のご夫婦が歩いていました。
 希望の灯りを見て?状態のご様子でしたので、建立の
経緯;例えば6年前に希望の灯りによって落成されたとか、
ガス燈の火は高野山の松明の火で1年間休まず灯して
いる(ただし、この件は新聞で見た記憶があるので、もし
嘘であるならばご容赦下さい)とか、さらには2度にわたる
破損事故のことまで。
 私が知っている範囲のことを教えてあげました。
 そしてご一緒に泥で汚れた石の部分をハンカチで拭いて、
拝みました。
 そのご夫婦も嬉しかった様子で、震災当時、それ以降の
現状を察しておられました。

 ★白木氏には報告済みです。

投稿: 笠井 隆宏 | 2006年12月18日 (月) 23時23分

12月23日東遊園地前での集まりご苦労様でした。「やまの独り言」笑覧下されば嬉しいです。http://wyasu-koyouen.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/hands.html

投稿: やまさん | 2006年12月23日 (土) 17時27分

ご覧ください!

投稿: やまの独り言 | 2006年12月23日 (土) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ≪ご案内≫ | トップページ | 全国のみなさんから手作りぬいぐるみ »