« 『1・17希望の灯り』分灯はじまる | トップページ | 『希望の灯り』の分灯の様子 »

2007年1月18日 (木)

ありがとう!!

『阪神淡路大震災1・17のつどい』無事終了しました。
みなさまのご協力に感謝!!
会場の様子等は、白木・大下・岸本理事からご報告させていただきます。
ただし、かなり疲れているようなので、数日おいてからになると思います。
みなさんの感想・コメントもぜひお寄せください。
神戸新聞の記事

|

« 『1・17希望の灯り』分灯はじまる | トップページ | 『希望の灯り』の分灯の様子 »

コメント

HANDSの皆様、
青雲高等学校の砂川です。一昨日の夜より、交流テントでお世話になり、ありがとうございました。分灯や発生時刻の黙祷に参加でき、大変貴重な時間を過ごさせていただきました。
1・17は決して忘れてはいけない、風化させてはいけない、改めて強く思いました。これほどまでの命を奪った震災は、恐ろしく、悔やんでも悔やみきれないものですが、人とのつながりや温かさ、愛、勇気、絆…と、様々なものも生み出しました。それがあったからこそ、今、被災者の方や震災で大切な人を亡くしたご遺族の方は、前を向いて歩いているのだと思いました。


あなたの中で、大切な人は生きて、あなたを見守っています。

皆様、個々に想うことは違います。悲しい・辛い・悔しい…と思われている方が多いかと感じますが、亡くなられた方々は、皆様の心の中でしっかりと生きています。時間が立ち止まってしまっているだけであって、別れたのではありません。その立ち止まった場所から皆様のことを後ろから見守ってくださっています。ずっと、ずっと、見守ってくださっています。後ろを、過去をふり返れば、大切な人はいつでも、皆様を見つめて、皆様の思い出として存在しています。


文化祭から始まり、こうしてHANDSさんの活動に参加させていただくことにより、私たち生徒会も震災のことや支援活動に興味・関心を持ち、もっと自分にできることはないだろうか、と思うようになりました。我々は今後もHANDSさんの活動に是非参加させていただきたいと思っておりますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 青雲高等学校生徒会 | 2007年1月18日 (木) 01時41分

私は昨日、コメントをした通りですが、3氏の報告が
待ち遠しいです。
ところで、東遊園地では希望の灯りだけでなく神戸で
芸術活動に携わる学生らも活動をしていたのではない
でしょうか。(神戸ヤングクリエイティブクラブ)
先日、神戸新聞サイトで知りました。
阪神・淡路大震災について知りたいことをメールや
ブログで募集、私もこの震災についての質問をしたり、
希望の灯りの活動で知り得た知識を生かして、他の
方のそれに対しての答えをブログに綴った一人です。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。
http://blog.kansai.com/kycc117project
117@kycc.jp

それから、私と阪急バーチャル駅長サイトを通して
交流が続いているスコルモア氏のサイトでも“1.17”に
対しての想いを、今年も1月16日と17日の2日間に
わたって綴っています。
こちらもアドレスをお送りしておきます。

1月16日
http://www.ekiblo.jp/user/ojikoen/vsm4/3515.html
1月17日
http://www.ekiblo.jp/user/ojikoen/vsm4/3521.html

投稿: 笠井 隆宏 | 2007年1月18日 (木) 09時33分

皆さんお疲れ様でした。
あまりお手伝いが出来なくて申し訳ありませんでした。
お疲れが出て体調など崩しませんようにゆっくり休んでください。

投稿: びんちゃん | 2007年1月18日 (木) 18時32分

皆様、お疲れさまでした。
皆様の日々のひた向きな願いと努力とお陰で、無事、丸12年を迎えさせていただきました。
本当にごくろうさまです。
本当にありがとうございます。

小生も可能な限り、お手伝いをさせていただく所存です。
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: ハーブの住人  | 2007年1月18日 (木) 19時38分

夜分失礼いたします。
今朝は後始末で大変だったと思います。
お世話された皆様、今夜はゆっくり休んで
下さい。そして明日からはまた前向きに、
皆様のご活躍のほどを。
ちょっと待てよ。明後日は確か旧正月です
ね。その前に一足遅いお正月を楽しみ下さい。

私はスケジュールの都合で活動にはなかなか
参加できません。でも、神戸を訪れた時には、
希望の灯りをせめてもの気持ちで拭こうと思って
います。

投稿: 笠井 隆宏 | 2007年1月18日 (木) 20時52分

あのしのつく雨の中、灯した灯りを一生懸命絶やすことなく守ろうとしている中、あの日、消された命が今生かされている私達や親や兄弟に涙を流して 悲しんでいるように思えてならない感じがしました。折角、生かされた人生です。仲良く!
 

投稿: やまさん | 2007年1月18日 (木) 21時00分

遅くなってごめんなさい やっと今日に成って疲れが取れた 
気がしました 歳を実感しております 東遊園地には36時間
いつずけました 来られた方々には行き届かなかった事も
有るかと思いますが ご容赦下さい 青雲高校の皆様からも
励ましのメールも届きましたが 生かされている我々が
元気で生きて行かなければ 亡くなった人達は浮かばれない
と思い毎日を 元気良く歩んで行こう 若い人達の励ましが
年寄りには成りよりの 良薬になると思います
交流テントで1・17に参加して頂いた 皆様 ありがとう

投稿: 岸本昌市 | 2007年1月24日 (水) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『1・17希望の灯り』分灯はじまる | トップページ | 『希望の灯り』の分灯の様子 »