« 長い間ありがとう! | トップページ | 震災学習 »

2007年6月 4日 (月)

訃報

 HANDSの副理事長をしておられる、下村氏のお父上が去る6月1日大動脈瘤の破裂午前5時過ぎ、御国の父のもとに永久旅立たれました。

 6月3日(日)19:00から前夜式(お通夜)・4日(月)11:00から告別式が須磨教会 岡崎岳牧師の司式で行われました。

 会員理事の一人として前夜式に参列させていただきました。故人とは面識などありませんが、キリスト教の信仰者の一人として、神の御許に旅立たれた兄弟の平安と残されたご家族に恵みを祈らせていただきます。

 聖書のことばが牧師の口をとうして語られました。

聖書(コレヘトの言葉3章1~11節)

何事にも時があり/天の下の出来事には全て定められた時がある。・・・・

 故人 下村 光生 (享年78歳)

 

|

« 長い間ありがとう! | トップページ | 震災学習 »

コメント

下村氏とは画面の中でしかお会いしたことがありません。
明石の事故から今夏で事故からちょうど6年(7回忌)で
あることを考えると、悲しみが何倍もこみ上げているかと
思います。
遺族の方々にはご察しいたします。
明石の事故を振り返ると、私は自然派なのでどちらが
悪いのか明確にすることができないでいますが、氏には
前向きにとお伝えくださいませ。

投稿: 笠井 隆宏 | 2007年6月 4日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長い間ありがとう! | トップページ | 震災学習 »