« 「第40回震災モニュメント交流ウォーク」報告 | トップページ | 震災学習 »

2007年10月14日 (日)

千の風神戸市役所版のお知らせ

 神戸市役所企業立地課に勤務されている森田拓也氏が、役所勤務の傍ら、自分の趣味で活動している音楽活動の一環として、自身4枚目のアルバムを製作中とのことです。

 その中で、神戸市の先端医療施設・神戸空港のキャンペーンソングとし、制作したものが1曲あり、皆様の感想などいただければと嬉しく思います(添付フアイルが小生の手元にございませんので申しわけありません)

 森田さんは協賛ソングとして皆様に聞いていただければとの願です。

なお歌詞は、NPO法人「1.17希望の灯り」白木理事長のご子息があの震災で亡くされた思いと心境を詩の根底にさせて作詞させて戴きました、との作詞者の想いを伝えておきます。

 Airly Taie          Word&Music:  T・Morita

 空は海色うつし/どこまでも高く/今 僕のひこうき/風に乗って舞い上がる

 見つけたいな/君のこころ/はぐれた雲の中で/

 まどろんでいないで/僕に手を振ってくれ

 もいちど会える時/信じていた/これまで皆で支えあってきたんだ

 きっと今日が その日なんだよ/空に舞う心 Dancing together

 エンジンOFFして空をすべるように進もう/ただ風の音しかしない/

 その時確かに感じたんだ/君の気配 見えなくてもそばに/

 これからいつも会えると分ったんだ

 もいちど会える時/信じていた/これまで皆で支えあってきたんだ

 きっと今日が/その日なんだよ!

 空に舞う心/Dancing together まちの色・uウえも あざやかに

                   HANDS理事 やまかわ  記載報告

      間違いの点あれば、お許し下さい。

 

 

 

|

« 「第40回震災モニュメント交流ウォーク」報告 | トップページ | 震災学習 »

コメント

 詩の内容に目を通して、目が潤んできそうに
なりますが本当に素敵です。
 夢が叶うならば、CDを作ってほしいものですね。

投稿: 笠井 隆宏 | 2007年10月15日 (月) 22時30分

作者本人です。この「AirlyTale」に関しては、9割がた完成したところで、歌詞の発想のもととなった白木さんにサンプル音源を送付したところ、いきなりブログに書いていただいてびっくりしてます。
事情でいえば、市役所のために書いた曲ではなく、「みんな」のために書いた曲で、医療・空港のキャンペーンというのは単なる思い付きで書いたことですので、主目的ではないです。
 いずれ近いうちに、みなさんに100%完成した曲を聞いてもらえると思います。

投稿: もりた | 2007年10月16日 (火) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「第40回震災モニュメント交流ウォーク」報告 | トップページ | 震災学習 »