« 14年目の「阪神淡路大震災1.17つどい」が開催されました。 | トップページ | 三宅島噴火災害被害者帰島5周年 板橋の集いに参加 »

2009年1月29日 (木)

震災体験学習

平成21年1月27日(火曜日)午後1時30分より、神戸市東灘区の神戸市立本庄中学校(大垣良一校長)に於いて、上西 勇、岸本昌市、白木利周、中島喜一、松浦 潔、大下幸夫の6名が震災学習に招かれ、震災直後に生まれた世代に当たる1年生約230名に語り部として、震災の状況、震災から学んだ「人と人とが支え合う心の絆」「人の命の重さ」。いつ起こるかわからない震災にたいしての備え、について、6クラスに分かれてお話致しました。

「CCF20090129_00003.jpg」をダウンロード

|

« 14年目の「阪神淡路大震災1.17つどい」が開催されました。 | トップページ | 三宅島噴火災害被害者帰島5周年 板橋の集いに参加 »

コメント

未体験者が物心ついて大人へと向かっていく!
いつか、この時代は来ると予期しましたが、
語り伝えるという事業で、知らない世代がどう
思うか。そういう自分は未経験者ですが、積極
的に伝承事業をしていただきたいし、応援して
いきたいです。
私ももっともっと体験者の話を聞きたいよ~(;д;)

投稿: 笠井 隆宏 | 2009年1月30日 (金) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 14年目の「阪神淡路大震災1.17つどい」が開催されました。 | トップページ | 三宅島噴火災害被害者帰島5周年 板橋の集いに参加 »