« チャリティコンサ-トに向けて | トップページ | 募集!!ひまわりイラスト »

2010年12月 3日 (金)

ルミナリエ 神戸芸工大による 「記憶のパフォーマンス」

今年の春から HANDSメンバーが、語り部として伺った
神戸芸術工科大学 かわい研究室の学生のみなさんが

2010年 神戸東遊園地のルミナリエ会場南で

神戸ルミナリエ関連新企画 ヒトキズナ+ぷろじぇくと
『「記憶」のパフォーマンス』を行いました。

「記憶」のパフォーマンスとは

1.みんなで灯す「記憶」のモニュメント
2.大学生が育てた「はるかのひまわり」の種の配布
3.鎮魂と絆のブルーキャンドル・パフォーマンス
4.「記憶」の響きコンサート
5.1.17を語る「魂」の言葉

※「記憶」のパフォーマンスの記事 → 2010年11月23日 産経新聞記事

ブルーキャンドル・パフォーマンスは、「1.17希望の灯り」の後ろの側で
展開されました

ルミナリエの光とブルーキャンドルの光に包まれた
「1.17希望の灯り」は、昼間に見る灯りとは別の顔を見せてくれました。

ブルーキャンドル・パフォーマンスは、
初日の12月2日と12月13日最終日のみで
点灯は、18時ごろから21時半まで。

『1.17を語る「魂」の言葉』では、HANDSのメンバーや
観光ボランティアの皆さんが、毎日 30分間 震災体験を語ります。

600aimg_1259

報告:たかい

|

« チャリティコンサ-トに向けて | トップページ | 募集!!ひまわりイラスト »

コメント

裸眼で見れば、もっと青いはずですがきれいですね。

投稿: 笠井 隆宏 | 2010年12月 3日 (金) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャリティコンサ-トに向けて | トップページ | 募集!!ひまわりイラスト »