« ルミナリエ 神戸芸工大による 「記憶のパフォーマンス」 | トップページ | ブログ・灯り清掃報告 »

2010年12月10日 (金)

募集!!ひまわりイラスト

通信22号にちょこっとだけ書いていましたが、「はるかのひまわり」の袋のイラストを募集中です。
締め切りを延長します!
12月25日のクリスマスまでに事務局に郵送若しくはメールにてイラストをお送り下さい。
☆印刷時には黒で印刷しますのでカラーイラストはご遠慮下さい。
イラストを採用させて頂いた方にはお住まいの市とお名前を表記させて頂きます。
小さいお子さんからご年配の方まで、いろいろな方からの応募お待ちしておりますm(__)m

|

« ルミナリエ 神戸芸工大による 「記憶のパフォーマンス」 | トップページ | ブログ・灯り清掃報告 »

コメント

こんにちは。昨日長野市民会館で清泉ファミリーの集いで演劇と加藤いつかさんの講話をお聞きしたshaktyと申します。

私は高等学校を20年前に卒業しましたが、演劇部に在籍していたため、今回見に行ってみようと思い立ちそのあといつかさんの講話をお聞き致しました。

時折声をつまらせながら関西弁でゆっくりとお話くださり、とても気持ちが伝わってきました。人はいつ死ぬかわかりませんという言葉が印象に残りました。

人はいつ死ぬかわからないという事が実感としてあまりない毎日をあたりまえのようにすごしていましたが、今日車を運転しているときに交通事故が目の前でありました。かなり車体が壊れ、しばらくすると血が大量に路上に流れ出ていました。

信号が青になり、事情のわからない後ろの車がクラクションを鳴らし始め用事があった私はそのまま車を発車させましたが、

後になって、用事なんかちょっと遅れてもあのときどうして車を止めてたすけてあげられなかったのだろうと後悔しました。せめて119番だけでもしてあげられていたら。。。

自分の無関心さをまざまざと見せつけられました。

そして、命のあっけなさ人間の肉体のもろさに驚きました。

今日の事故で命の大切さ、今ある命の尊さ、また心配してくれる家族や友達、関わりのある全ての人々とのつながりの大切さについて考えさせられました。

まず両親に挨拶をきちんとしようと思います。

講演に来てくださり、本当にありがとうございます。


shakty


投稿: shakty | 2010年12月12日 (日) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルミナリエ 神戸芸工大による 「記憶のパフォーマンス」 | トップページ | ブログ・灯り清掃報告 »