2006年12月28日 (木)

平和を願う善意の物資がレバノンへ旅立ちました

みなさまへ
26日午後8時に、霧雨けむるポ-トアイランドの岸壁より47フイ-トのコンテナに満載の支援物資がレバノンに旅立ちました。受け取った子ども達の笑顔を想像しながら船を見送りました。

一本の鉛筆をレバノンの子ども達にプレゼントしませんかと始めたこのプロジェクトもノ-トを始め多くの文房具に、サッカ-ボ-ルから運動具へ、ピアニカに始まり数々の楽器へ肌身離さず傍らにおいてあったぬいぐるみに想いを託した数は数千体に及び、日本の文化を届けようと風呂敷を集めたら数千枚に及びました。当初広い摩耶倉庫にはたしてどれ位の物資が届くだろうか?正直不安でした。しかし、次から次にと到着する物資を今度は選り分け数を数え梱包する為に、悪戦苦闘の連続でした。本日の出港を迎えることが出来たのも休日返上でご協力下さったボランティアのみなさまのお陰です。

 今回の支援に快くご協力戴いた、多くの子ども達、ご支援下さった学校・各団体の皆様方、そしてHANDSの仲間達、3ケ月間休日返上で荷物の入荷整理選別、パッキング、出港手続等、ご協力下さった摩耶倉庫のスタッフのみなさま、多忙な社長業の日時を裂いて数々の贈呈式に参加下さったデビス株式会社のス-ビ-社長、絶えず報道して下さったメディアのみなさま。微力なHANDSKOBEwithLOVEのプロジェクトが成功できましたのは、皆様方のご協力ご支援の賜物と深く感謝申し上げます。この皆様方の善意が、傷ついたレバノンの子ども達の手許に届き、元気に笑顔で飛び跳ねる子ども達が平穏な国土に一日も早くなることを願い、KOBEwithLOVEのプロジェクトが再開される事の無い平穏無事な世の中を願いながら、このプリジェクトを一旦閉幕致します。本当にご協力ご支援有難うございました。

阪神淡路大震災1.17希望の灯り 事務局一同

| | コメント (1)

2006年12月19日 (火)

全国のみなさんから手作りぬいぐるみ

フェリシモの上野さんが、全国のみなさんが一針一針縫った、『手作りぬいぐるみ』300体を届けてくださいました!!
贈呈式には、仕分けのお手伝いをしてくださった兵庫県立青雲高校の生徒さんたちも駆けつけてくださいました。
みなさんありがとう! 


061219_1130003
_030 _031_1 _028_1 _029_2

(掲載紙:神戸・朝日・読売・毎日)Dsc_0079 Dsc_0046 Dsc_0093 Dsc_0097

| | コメント (1)

2006年12月14日 (木)

≪ご案内≫

~ 株式会社フェリシモ様からレバノンの子どもたちへ、「ハッピートイズ」の贈呈式 ~

株式会社フェリシモ様からのメッセージ
7月のレバノンの空爆を聞いて、一般の市民の方々、特にこどもたちはどのような思いをしているのだろうという気持ちになりました。避難された方々が少しでも早くもとの生活に戻れるようにと、株式会社フェリシモではお客様からお寄せいただいた基金を通じて、NGOの活動にも支援を行いました。しかし、こどもたちが受けた心の傷はまだまだ深いと思います。少しでもこどもたちに未来への希望を持ってもらえたら、そんな気持ちから、このたび、全国から寄せられた手づくりのぬいぐるみ、ハッピートイズをお贈りすることにしました。

●日時:12月19日(火)午前10時より●場所:デビス株式会社・摩耶埠頭倉庫・神戸市灘区摩耶埠頭2-4
●出席者:上野友紀さん(株フェリシモ経営企画部)・スービ・デビスさん・「1.17希望の灯り」メンバー
●ご提供いただくもの:フェリシモハッピートイズ:300体
フェリシモハッピートイズは、全国の方々による手づくりのぬいぐるみです。高さ約25センチほどの、布もしくは毛糸で作られています。同じ型紙を使ってつくりますが、作り手により個性あふれるぬいぐるみとなっています。今回レバノンの子どもたちへお届けするのは、ライオンと鳥のぬいぐるみです。

| | コメント (1)

2006年12月13日 (水)

お礼とお願い

レバノンへの支援物資のご提供は、11月末で締め切らせていただきました。
お預かりした品々は12月26日の便でベイルートへお届けします。船便ですので約3週間を予定しています。現地では、スービ・デビスさんのお姉さん・ベイルートでで活動しているNGOのメンバーが子供たちに届けてくれます。NGOのメンバーには日本人の方もいらっしゃいました。
現地で必要としているものにつきましては、あらためてご提供のお願いをさせていただきます。
みなさんのご協力に感謝しております。ありがとうございました!
出港の日時等決まりましたら発表しますので、ぜひお見送りにおいでください。

| | コメント (1)

2006年12月11日 (月)

順調に進んでます!

レバノンへの支援物資の梱包作業は、坂本さんの指揮の下、順調に進んでいます!!
現時点で第一便の出港予定は12月27日です。
061211_1624001 061211_1626002 061211_1629001

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

ありがとう!!

 兵庫県にある児童養護施設(14ヶ所)の子どもたちが、レバノンの子どもたちへのプレゼントを集めてくれました。
子どもたちのやさしさと思いやりに、スービさんと僕は大きな感動をもらいしました!
_010_1

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日)

大変だ~

18日(土曜日)仕分け第1日目ご報告。
参加者は倉庫管理責任者竹内さんと、HANDS会員7名(井手・大下・河端・白木・福西・藤本の皆さんと私岸本)。荒仕分けをする。現在在庫分2分の1と文具仕分け完了のみ。まだまだある・・・今月中に終わるかな・・・がんばろう。 レバノンの子供たちの笑顔を想像して!!』今日19日も作業中です。
来週の25日26日も作業をやります!沢山の参加を望みたい!
記:岸本
Dsc00009 Dsc00008_1 Dsc00006_1 Dsc00004_2

| | コメント (2)

2006年11月10日 (金)

広がるレバノン支援!

_004_2 _001_2

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

写真展(長田区細田児童館)

今日から神戸市長田区にある細田児童館で『レバノンの子どもたち』の写真展が始まる。
学校帰りの子どもたち小学1年生から中学生までの50人近くが、スービ・デビスさんのお話を一生懸命聞いてくれた。地元企業アシックス商事からはスポーツシューズ100足が届いた。お世話をしてくださっている、先生・おかあさんたちに感謝!感謝!Photo_13 Photo_14 Photo_15

| | コメント (1)

2006年11月 2日 (木)

準備しました!お待ちしてます!

明日3日(文化の日)に、震災モニュメント交流ウォークの後、午後に青雲高校で開く交流会の会場設営後の風景です。大勢の皆様のご参加を心待ちにしています。
この教室、
大下・白木そしてわたくし岸本が設営しました。
センスは!?・・・ご覧になってご判断ください(苦笑)Dsc00054 Dsc00055 Dsc00056 Dsc00057 Dsc00059

| | コメント (1)